施術法により費用が異なる|小顔矯正で憧れの小顔になれる【あなたにあった施術方法を提案】

施術法により費用が異なる

女医

日帰りで治療可能

顔が大きいとスタイルも悪く見えるため、整形で小顔に矯正したいと考える人は多いでしょう。近年は施術方法も多様化してメスを使わずに出できる方法もあります。そこで気になるのが整形費用ですが、施術方法によって異なります。では、一体どれぐらいの費用が掛かるのか検証してみましょう。メスを使わない方法としては、エラボトックスと脂肪溶解注射があります。エラボトックスは筋肉性のエラを小さくして輪郭をすっきりさせる方法で、費用の相場は5万円から15万円です。脂肪溶解注射は輪郭や顎の脂肪を溶かして小顔にする方法で、費用の相場は10万円から20万円となります。メスを使う方法としては、脂肪吸引、エラ削り、顎削りがあります。脂肪吸引はフェイスラインの脂肪を吸引する方法で費用の相場は20万円から30万円です。エラ削りと顎削りは、どちらも骨を削る方法で大掛かりな小顔矯正手術となります。エラ削りは60万円から100万円、顎削りは80万円から160万円が相場です。値段と相談しながら自分に合った施術方法を選ぶのが大事です。小顔矯正の治療の流れは施術方法によって異なります。エラボトックスや脂肪溶解注射の場合は、最初に施術時の痛みを軽減するために施術部分に麻酔クリームを塗ります。次にどのような仕上がりにするかをデザインし、麻酔が効いたら施術を開始します。注射をするだけなので施術時間も短く、術後はメイクをすることも可能です。脂肪吸引による小顔矯正の治療は吸引する部位に麻酔を施し、顎の裏や鼻の穴など目立たない場所にカニューレを挿入する穴を作ります。その後カニューレを挿入して脂肪を吸引し、術後は専用のフェイスマスクなどで固定して完了です。エラや顎の骨を削る小顔矯正の治療は、まず全身麻酔が施されます。次に事前治療においてデザインされた骨を削ります。切開手術となりますが、口腔内から切開するのと皮膚表面から切開する2つの方法があります。骨を切り終わったら縫合して、バンデージでしっかりと固定して完了です。どの治療方法も希望しない限りは入院の必要はなく、日帰りで行うことができます。